神奈川県川崎市の接骨院・整骨院  新ゆり はり・きゅう院整骨院 【美容鍼灸・逆子治療・産後骨盤矯正・交通事故・肩こり・腰痛他】
ホーム > 逆子治療について
芥川バースクリニック院長推薦!

逆子治療について

芥川 修 先生(芥川バースクリニック院長)からの推薦

西洋医学と東洋医学が協力して治療にあたれば産科の分野(逆子治療など)で目覚ましい効果が上がるはずです。今後も協力して治療にあたりましょう。


赤ちゃんの頭が上にあり、おしりが骨盤に向かっている状態を逆子(骨盤位)といいますが、その逆子治療にお灸が非常に効果的な事をご存知でしょうか?
実際当院では多くの方が産婦人科から紹介されてご来院されますが、実に8割近い方が治癒されております。
主に至陰(しいん)、三陰交(さんいんこう)というツボを治療穴として使用しますが、副作用もなく効果は絶大です。
鍼灸経験がなく、不安な方もいらっしゃると思いますので以下に当院の治療の流れを説明致します。

逆子治療手順

1.問診

まず患者様のお話をお聞きし、胎児の位置を確認するための触診も行います。
2.リラックスマッサージ

緊張をほぐし赤ちゃんが回り易い体に整えます。
3.棒灸


気の流れをよくして体を温めます。



4.点灸


主に至陰(しいん)、三陰交(さんいんこう)に胎動が感じるまで米粒の半分ぐらいのお灸をします。
※回りにくい方、35週を過ぎている方は点灸をやりながら列欠(れっけつ)にはりも行います。

5.触診

再度、胎児の動きや位置を確認します。
※点灸で行ったお灸(貼り付けて火をつけるだけの簡易的なお灸)はご自宅でもしていただけます。

治療穴

至陰(しいん)


足の小指の外側にあります。
逆子にはとても効くツボになり胎動が感じるまで施灸します。

列欠(れっけつ)


手首の親指側にあり、胎児に働きかけ動きを促すことができます。


よく聞かれるご質問

Q.
逆子が治る可能性があるのはいつまでですか?
A.
一般的には妊娠34週と言われていますが、当院では妊娠35週を過ぎて回った方もいらっしゃいます。
ただし、治療が早ければ早いほど、治る確率は高くなりますので出来るだけ早くご来院されることをお薦めします。

Q.
お腹にはりやお灸をすることはありますか?
A.
絶対にありません。

Q.
マッサージしても大丈夫ですか?
A.
はい。
マッサージは全身の血流を良くしリラックスしていただくことを目的として行います。

当院で逆子治療された方の体験談

Mさん(30歳、30週、初産)
婦人科の先生にお灸を薦められたので、初めはビックリして半信半疑でしたが、ネットでお灸による逆子治療を調べていくうちに徐々に不安が解消され治療を決意しました。
早速行ってみると、雰囲気も明るく治療前には丁寧に説明していただきすっかり不安感も解消しました。
実際に治療を受けてみて小指のお灸は熱いと聞いていたので覚悟していましたが、十分我慢できる程でした。
また、治療中も会話が弾みリラックスして受けられマッサージも大変気持ちが良かったです!他にも逆子で悩んでいる方がいらしたら是非お薦めします。

Aさん(30代、32週、2人目)
産婦人科の先生にお灸を薦められこちらに伺いました。
初めは不安でしたが、お灸をするととても胎動を感じるようになり、34週目で逆子が治りました。
自宅でもお灸を頑張った成果もあるのか逆子が治り大変ほっとしました。
治療を終えてからもお灸をしていたお陰で出産も予定日より早く迎えられ感謝しています。
産後矯正も行っているとお聞きしているので是非また通わせていただきたいと思います!

治療後のお願い

・決してお身体を冷やさないでください。(特に下半身は冷やさないでください。)
・ご購入して頂いたお灸を3回/日すえて下さい。(お時間がない日も最低1回/日はすえて下さい。)


新ゆり はり・きゅう院整骨院
〒215-0017 神奈川県川崎市麻生区王禅寺西4-14-19
044-952-4976

Copyright (c) shinyuri harikyu-in seikotsu-in All Rights Reserved.